読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Live ColorFully

カラフルな毎日を求めて、日々好奇心旺盛やりたい事にはチャレンジしてみる、私の暮らし日記。

【保存版】世界で活躍するフィリピン人シンガーまとめ

昨日、フィリピンの男の子がビヨンセを熱唱している動画をシェアした時、今度フィリピンの有名シンガーを紹介したい!と思ったので、早速ブログで取り上げることにしました。笑

まずは、アジアの頂点に立ったある歌姫の秘話を紹介します!

 

1.Charice Pempenco

f:id:colorfullylife:20160925022544p:plain

出典: https://feromiya.wordpress.com

1992年5月10日生まれ、世界的に最も成功したフィリピン人シンガー。デビューアルバム「シャーリース」は、いきなり全米アルバムチャート(Billboard 200)の8位にランクイン。2009年1月にオバマ大統領の大統領就任式でアメリカ国歌も歌ってます!
 
世界一才能のある少女?

幼少の頃から歌うことが好きで、のど自慢コンテストに出場して家計を助けていた彼女。13歳の時にフィリピン版アメリカンアイドルの「リトル・ビック・スター」に出演した際に3位に。その後、15歳の時に韓国のタレントショー「スター・キング」に出演しています。

それらのシーンを、熱心な彼女のファンがYouTubeにアップロードしていて、その動画がアメリカの人気トークショー司会者、エレン・デジェネレスさんの目にとまりました。

エレン・デジェネレスさんから2007年12月19日の番組にゲストとしてフィリピンから招待され、その番組内で彼女は、ホイットニー・ヒューストンのカバーで有名な「I Will Always Love You」等を熱唱。スタジオは盛大なスタンディングオベーションに包まれ、大成功に終わりました。

その様子も別のファンによりYouTubeにアップされていて、今度はその動画が、アメリカでは知らない人がいない超大物のオプラ・ウィンフリー(司会兼プロデューサー)の目にとまった事から、1986年から続くアメリカを代表する人気トークショー「オプラ・ウィンフリー・ショー(Oprah Winfrey Show)」の出演依頼がきました。オプラ・ウィンフリーに世界一才能のある少女と称されたほど、こちらも大成功に終わりました。

慈善家としても知られているオプラさんの後押しや、超有名プロデユーサーのデイヴィッド・フォースターに支えられ、スターダムに登りつめていき、ついには、彼女の憧れであったセリーヌ・ディオンとも同じステージに立ちます。

また、全米アルバムチャートでトップ10入りというアジア人初の快挙も成し遂げたのです。ちなみに、日本でも朝のTV番組「スッキリ!」に出演してます。

彼女の紹介動画。素晴らしい歌声を披露してます!

 

ショックな事件とカミングアウト

2011年、父親がフィリピン国内でアイスピックによるめった刺しにより死亡し、その精神的ショックで激太りしてしまいます。当時彼女はまだ19歳でした。

その後、2013年6月2日、母国フィリピンの放送局ABS-CBNで放送されたインタビューの中で「レズビアン」である事をカミングアウトしています。彼女が21歳の時です。(この衝撃発言の後、彼女は髪の毛をばっさり切って、タトゥーをいっぱいして、男性の服装をするようになりますが、衝撃の告白後も彼女を支持している人が大勢いるらしい)

他にも彼女を紹介してる記事を発見。

matome.naver.jp

 

2.Zendee Rose Tenerife

f:id:colorfullylife:20160925034213p:plain

出典: http://www.interaksyon.com/

1991年6月21日生まれ、まさにYouTube時代が生んだシンデレラガール。ショッピングモールで歌った動画が世界に配信され、その動画が話題を呼び、全米デビューを果たした。
 

前回のブログ記事でも書きましたが、フィリピンでは街中のショッピングモールでも、カラオケマシーンの販売目的で販売員や通行人がカラオケを歌っているという面白い文化があります。彼女は、そのショッピングモールで歌った動画がキッカケで、全米デビューしました。

ショッピングモールでの素人時代のカラオケでは、白いTシャツにジーンズ生地のホットパンツ、赤いリュックと普通の格好をした普通の少女ですが、その歌唱力が普通じゃない!!デビュー後のアルバム「I believe」はフィリピンでも、いきなりヒットチャートで2位をとってます!(日本でも「関ジャニの仕分け」や「アンビリーバボー」に出演してるので、聞いたことある方もいるかも。)

デビューのキッカケとなったショッピングモールでのカラオケシーン

 

彼女を紹介してる記事を発見。他にも動画が載ってるので、興味ある方は読んでみて下さい。

matome.naver.jp

 

3.Arnel Pineda

f:id:colorfullylife:20160925040505p:plain

出典: http://okmusic.jp

1967年9月5日生まれ、この人もYouTubeで一躍有名シンガーになった一人。
 

フィリピン国内でひっそりとバンド活動していた彼が有名になったキッカケはYouTube!伝説のバンド「JOURNEY」のメンバーが、彼のステージをYouTubeで目にしたことで彼の運命が変わりました。元JOURNEYのボーカル、スティーブ・ペリーを彷彿させるような声質、声量だったんです。

現在はジャーニーのボーカルとして活躍している彼ですが、2013年に彼のジャーニーへの加入と成功を勝ち取るまでの軌跡を綴ったドキュメンタリー映画「Don't Stop Believin' ~The Everyman's Journey」が制作、公開されています。

 

実際にあった面白いエピソード

JOURNEYのメンバーに呼ばれてアメリカに入国した際、入国審査官に渡航目的を聞かれ、「JOURNEYのオーディションに来た」と伝えたところ、審査官がなかなか信じてくれませんでした。

「じゃあ『ホイール・イン・ザ・スカイ』を歌ってみろ」と言われ、審査官の前で一節歌ったところ、あっさりと入国が許可されたという実話があります。

下の動画は、元ジャーニーのボーカルであるスティーブ・ペリーとアーネル・ピネダの聞き比べができます。ほんと、声そっくり!

 

4.BAMBOO(バンブー)

f:id:colorfullylife:20160925042731p:plain

出典: www.philstar.com

「Rivermaya(リバーマヤ)」というバンドのボーカルでしたが、その後に自身が率いるバンド「Bamboo」を結成。2005年あたりから人気が急上昇。現在は解散して、ソロとして活動中。
 

オーディション番組「The Voice」の審査員の一人でもあり、フィリピンの有名ファーストフード店「ジョリビー」のTVコマーシャル等でもお馴染みの人気シンガーです。

また、フィリピンのテレビ局「ABS-CBN」の長寿人気バラエティ番組「ASAP」のメイン司会者の一人でもあります。(ASAP:毎週、日曜日の正午から2時間半にわたり放送されているバラエティ番組。ABS-CBNの人気タレントが集結する、歌ありダンスありの番組で最も旬な芸能人やアイドルが総登場するので、この番組を見ていればフィリピンの人気スターがわかります。)

オススメ曲

 

5.Bruno Mars

f:id:colorfullylife:20160925045612p:plain

出典: www.metrolyrics.com

ハワイのホノルル出身なので、フィリピン人ではないのですが、大好きな歌手の1人なので取り上げちゃいました。(彼は母親がフィリピン系なので、許して下さい。笑)

もはや知らない人はいないんじゃないかな?ってくらい有名な歌手です。

個人的に好きな曲が多いので、今度ブルーノ・マーズだけで記事を書きたい。

matome.naver.jp

まとめ

Bruno Marsの他に、知ってる歌手はいましたか?(実は、私は最初に挙げた2人しか知らなかった。汗)同じアジア圏の日本とフィリピンですが、知らないことがたくさんあることを再実感しました。

フィリピン人ではなく、フィリピン系アーティストをまとめた記事があったので、興味ある方はどうぞ!

matome.naver.jp